2009年12月17日木曜日

海底ケーブル

Sea-Me-We 2 ("South East Asia Middle East Western Europe 2")
http://www.seamewe3.com/

KDDI、グーグルらと共に日本~シンガポール間の光海底ケーブルを建設へ(CNET Japan)
http://japan.cnet.com/news/com/story/0,2000056021,20405192,00.htm

日本~シンガポール間光海底ケーブル「SOUTH-EAST ASIA JAPAN CABLE SYSTEM」の建設保守協定締結について(KDDI企業情報)
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2009/1210/index.html

APCN2
http://www.apcn2na.com/
(2010年7月の時点でほとんど情報の掲載が無い)

APCN2(Asia-Pacific Cable Network 2)の建設保守協定の締結について(KDD報道資料/2000.4.18)
http://www.kddi.com/corporate/news_release/kako/kdd/press00/00-014r1.html

光海底ケーブルシステムの波長増設プロジェクトを相次いで受注(NEC報道資料/(2006.1.16)
http://www.nec.co.jp/press/ja/0601/1601.html

日中米間を結ぶ新光海底ケーブル「Trans-Pacific Express」の建設について
http://www.ntt.com/release/monthNEWS/detail/20080325.html
(NTTコミュニケーションズ(2008.3.25)

光海底ケーブルシステム「APCN2」の増設プロジェクトを受注(NEC報道資料/2010.7.7)
~毎秒40ギガビットの光海底ケーブル用端局装置を納入~
http://www.nec.co.jp/press/ja/1007/0702.html

2009年7月23日木曜日

ドメイン管理をお名前.comに移管してGoogle Appsを利用する手順

1.お名前.comにドメイン移管(レジストラ・トランスファー)の申し込みをする。
(同時にお名前.com 共用サーバーSD の申し込みも行う。)

※事前に既存のドメインのwhois 情報「登録担当者」の「電子メイル」が有効な(自分が受信できる)メールアドレスであるか確認。必要であればwhois 情報の書き換えを行う。(既存のレジストラに申請)
このメールアドレスにトランスファー承認手続きについてのメールが届くため。

2.必要なら既存のレジストラにドメイン管理サービスの解約手続きを行う。
(手続きのタイミング、方法はレジストラによって違う。)

3.Google Apps standard Edition の申し込みをする。

Google Apps standard Edition 申し込みページ
http://www.google.com/a/cpanel/domain/new

・ドメインの所有権の確認
http://mydomain/googlehostedservice.html を作成し、申し込みページに表示されたテキストをコピーし、保存する。
作成したgooglehostedservice.html を既存のWWWサーバのドキュメントルートにFTPでアップロードする。

・Google Appsのアカウントが取得できたらGoogleAppsにログインし、必要なメールアドレスを作成する。

4.お名前.comより「トランスファー完了通知」「共用サーバーSDサーバー設定完了通知」が届き、ドメイン移管、サーバー設定が完了したことを確認。

5.既存のWWWサーバのファイルを新しいWWWサーバにアップロードしなおす。

6.お名前.comの「ドメインNavi」でDNSサーバの設定を新しいDNSサーバに変更する。
「ドメインNavi」→「ドメイン一覧」→ネームサーバーの「変更する」ボタン→お名前.com各サービスを利用の「共用サーバーSD」ボタン→ネームサーバー情報でDNSサーバーを「dns01.gmoserver.jp」「dns02.gmoserver.jp」とする。

※下のリンクのGoogleの設定手順情報はお名前.comレンタルサーバー「VPS]を利用の場合の手順のようで共用サーバSDの場合手順、設定値等が異なるので注意。
http://www.google.com/support/a/bin/answer.py?hl=jp&answer=117812

7.お名前.comのコントロールパネルでCNAMEレコード設定

コントロールパネル→サービス設定→独自ドメイン設定→DNS設定

以下の情報を追加

aspmx.l.google.com. MX 1
alt1.aspmx.l.google.com. MX 5
alt2.aspmx.l.google.com. MX 5
aspmx2.googlemail.com. MX 10
aspmx3.googlemail.com. MX 10
aspmx4.googlemail.com. MX 10
aspmx5.googlemail.com. MX 10